内宮と外宮、お参りする順番について

 まず外宮から参拝しましょう。
 神宮参拝の順路は、多くの場合まず外宮からというのがならわしです。
 外宮は、伊勢市駅から歩いて7分ぐらいです。その後内宮ヘとお参りするのがよいでしょう。なお、時間があれば各別宮へもお参りしてはいかがでしょうか。(神宮公式サイトより)

 なぜ豊受大神宮(外宮)を先に参拝するの?
 豊受大御神(とようけおおみかみ)を伊勢の地にお迎えになった天照大御神(あまてらすおおみかみ)は「我が祭りに仕え奉る時は、まず豊受の神の宮を祭り奉るべし、しかる後に我が宮の祭り事を勤仕(つかえまつる)べし」と重ねて命ぜられました。この御神託(ごしんたく)によって神宮では古くから重要なおまつりである「三節祭(さんせつさい、六・十二月の月次祭、十月の神嘗祭)」においても、まず外宮でおまつりした後、内宮でおまつりするという「外宮先祭」によって祭祀(さいし)が行われ、現在に至っています。一般の参拝もこれにならって、外宮・内宮の順にお参りするのが慣わしです。(福島県神社庁「神社ものしり事典」より)



サイトマップ富山県神社庁についてホーム
Copyright(C) 2008 Toyamaken-jinjya-cho. All rights reserved.