すべて
購入について
設置について
お神札について
祀り方について
その他
神宮大麻とは
すべてのQ&A
Q1.現在、神棚と仏壇を同じ部屋でおまつりしてますが別々の部屋でおまつりした方がよいのでしょうか。また一緒の部屋の場合どのような方法でおまつりをしたらよいのでしょうか。
A1.必ず別々の部屋でお祀りしなければならないということはありません。仏壇の上に神棚を置いたり、仏壇と神棚が真向かいになったりしなければ問題ないでしょう。仏壇と神棚が向かい合うと、それぞれにお参りする際にもう片方にお尻が向いてしまうので、これは避けます。ですから、神棚と仏壇が並んでいても構いませんし、向かい合う方角になっていても斜(ハス)になっていればやはり問題ありません。ただ、仏間のあるお宅では神棚を仏間に設置することは避けてください。

Q2.神棚のお神札をおまつりしております3つの扉は開けておくべきか、閉めておくべきか、あるいは半開きとしたらよいのか悩んでおります。また、天照皇大神宮室の前にご神鏡を置く場合の扉の開け具合、ご神鏡の位置についてご指導ください。
A2.三社造りの神棚ですね。扉はお神札をお祀りしている所を全開にし、空の所は閉めておきます。また、鏡を置く場合も扉は全開にしておくのが良いでしょう。置く場所は原則として階段を登り切ったところ、つまり扉の直前が良いと思います。
 実は神棚の扉に関しては確定的な規則は無いのです。一般の神社では通常は閉じていて、大きな祭祀のときにのみ開きます。これに倣えば、正月三賀日、地元の祭礼日、他お目出度い日などにのみ扉を開き、普段は閉じておくということになります。また、起きている間あるいは仕事をしている間のみ扉を開けておくという形態もあります。この場合は毎朝扉を開けてお参りし、就寝前などにお参りをしてから扉を閉めます。
 しかし、現在の一般的な形態は、最初に申し上げたように常に扉を開けておくのが正しいのです。神棚に収めるお神札は神社のご神体とは違います。お神札は、配布している神社と家庭とを結ぶものであるという言い方がわかりやすいでしょう。このように考えると扉は開けておいた方が良いことがおわかりになると思います。

Q3.4月より新築の家に住むのですが、神棚を新しく買ったほうがいいと思っています。でも今、この木で囲っている棚にお神札と蝋燭・線香等を置いている状態です。昔、神社で木の箱でもよいといわれたらしいのですが、このままでもよいのでしょうか。
A3.やはり神棚をご用意いただくのが神棚奉斎の基本となります。昔は木箱でお祀りしていたこともありましたが、今日においては一般的な神棚をお薦めいたします。
Q4.神棚を買い替える場合は、どのようなことをすればよいでしょうか。
A4.古い神棚はお焚き上げします。一般のゴミと一緒に集積場に出したり、燃やしたりしては絶対にいけません。神社へお焚き上げを依頼されるのが良いでしょう。入っていたお神札は素早く新しい神棚に移してください。古い神棚の処分はその後です。
 また、神職に依頼して新しい神棚をご用意させていただいたことの報告とこれまでの感謝、および今後の家内安全などをお祈りする「神棚奉鎮祭」を行うことをお勧めいたします。

Q5.神棚にはどんな作用があるのですか。
A5.家の中に神様の「恵み」を満たしてくれます。「恵み」はこちらに受け取る姿勢が無いと頂くことができないので、神棚は常に皆が意識できる場所に置くのです。神棚の前で日頃より感謝の気持ちを念じていると、自然と「恵み」をいただけるようになります。きっとあなたも実感できるようになるはずです。

Q6.父が他界し子供と二人で新しい生活を始めるため、引っ越すことになりました。父が守ってきた神棚をどうしたらいいのでしょうか?ここで神棚をなくすことはできないのでしょうか。
A6.最も良い方法は神棚も引っ越し先に移し、そのままお祀りするのが良いでしょう。宗教上の理由などでそれが叶わないのであれば、中のお神札(ふだ)を丁寧に取り出して、白い封筒に入れ、神職が常駐している神社に持っていって理由を話してください。引き取ってもらえるはずです。残った神棚も一緒に持って行って、処分をお願いしてみるとよいでしょう。その場合、お気持ち程度のお金(二千円程度)を白い封筒に入れて「御初穂料」と書いて渡されるとよろしいでしょう。神棚以外の灯籠や器などは自分で処分されて構いません。

Q7.大きい神棚を、お祀りするスペースの関係で小型の物に替えようと思っています。古い神棚は氏神様でお焚き上げをしていただこうと思っているのですが、実はお稲荷様の神棚もあるのです。お稲荷様も、同様に氏神様でお焚き上げをして頂いてよろしいのでしょうか?それとも稲荷神社へ持っていかないといけないのでしょうか?
A7.お稲荷様の神棚も一緒に氏神神社にお任せして構いません。要はお世話になった神様に失礼の無いように、その神棚を土に返すことです。お願いされる神社でお祀りされている神様が異なっていても問題はありません。

Q8.神棚を会社に作ろうかと思うのですが、家庭の様な神棚の設置の仕方で構わないのでしょうか?また、三人しかいない小さな会社ですので、大々的に作るのは難しいのですが簡単にできますでしょうか?
A8.会社に合った大きさの神棚がよろしいでしょう。基本的に会社と家庭での神棚の区別はありませんので、数人までの会社でしたら一般的な家庭用の神棚でもよろしいと思います。
 今後会社の発展に合わせて事務所部屋などが大きくなれば、その都度、会社の規模、間取りに合ったものに新調されれば良いでしょう。
 常日頃より神棚を整然と整えておくことが御社の繁栄に繋がることと思います。

Q9.私は○○市で飲食店を経営しております。この度、二軒目をオープンしたのですが、その際に神棚を一軒目と同じく設けたいと思っています。ところが、最良の場所の壁の上に大きな梁があるのですが、その梁の下に神棚は設置してもよいのでしょうか?
A9.梁が見えるということは上に部屋がないということなので問題ありません。神棚の上や下に火の気や水の気があるといけないのですが、それ以外のものであれば基本的に問題はありません。逆に大きな梁の下であれば、より安全な場所であるともいえます。どうぞご安心なさってください。

Q10.主人が部屋の隅に檜で神棚を作り、おまつりしようと言います。L型になるので、神棚になる檜の板を角を一ヶ所ほんの少し切ったら安定してよいと言うのですが、問題ないのでしょうか。それとも、神棚の板はきちっとした長方形でなければならないのでしょうか。
A10.この程度でしたら全く問題ありません。棚板自体がいびつな形になるのであれば避けられた方がよろしいですが、角を落とすくらいでしたら気になさる必要はありません。

Q11.お正月に破魔矢と熊手を購入しました。今は神棚がないのですが、家のどの場所、位置(方角)に飾ったらよいのでしょうか。また、神棚がある場合は、やはり神棚に飾るのでしょうか。その場合、どのようにすればよいのでしょうか。
A11.破魔矢(守護矢とも呼びます)は魔除けの一種です。古来より日本では弓や矢に邪悪なものを祓う力や不思議な霊力があると考えられています。その力にあやかるためのものといえます。その意味では、縁起物と呼ばれる熊手や穂宝とはちょっと意味合いが異なります。

 破魔矢には、これといった設置の決まりはないようです。ただ、一般的には神棚の周辺に飾られていますし、それで特に問題はないと考えられます(熊手などの縁起物は別)。家には神棚が無いとのことですので、家、あるいは主に暮らしていらっしゃるお部屋の鬼門(北東)側の鴨居の上など、とにかく人の目線より確実に高い位置がよろしいでしょう。向きは縦でも横でも斜めでも構いません。もちろん、この設置方法も一例に過ぎません。「部屋の出入り口の上」でも結構だと思いますし、「玄関を入ったら真っ先に目に付くところ」なども候補の一つです。ポイントは「鬼門」または「出入り口」ということです。

Q12.初めて神棚を作り、神様をお祀りしました。知人が「御霊入れをしてもらいなさい」と言います。聞くところによるとそのお祭りを行う料金は○万円からだということです。この料金は何処でも同じなのでしょうか。また、例えばお金がそれ程払えないので、それより安い料金でやって頂くわけにはいかないのでしょうか。その辺の常識的なことを教えて頂けますか?
A12.まず、この場合は「御霊入れ」とは言いません。「神棚奉鎮祭」というお祭りになります。それと、一般に「料金」と言われますが、これは正しくは「初穂料」とか「玉串料」という言い方をします。神職が直接そのお金をいただくのではなく、神様にお供えしたお金をお下がりとしていただくからです。お金はあくまでも神様に気持ちを形にしてお供えするためのものなのです。

 さて金額ですが、直接神社側に確認されることをお勧めします。事情を説明されれば相談にのってくださる神社が多いと思います。恥ずかしがらずに聞いてみてください。

Q13.去年から年始にかけて職場の方でトラブルが連続して発生し、つい先日ご祈祷を受けて参りました。ご祈祷の後、紙袋に入った御神札と御神饌を頂いたのですが、これらはどのようにすればよろしいのでしょうか?私は今、会社の独身寮に住んでおり、神棚もありません。神棚のある実家に奉るべきなのでしょうか?
A13.御神饌はできるだけ早いうちに食べていただき、御神札(おふだ)は目線よりも高いところにお祀りします。寮にお住まいとのことですので、一般の神棚の設置は困難でしょうから、お部屋の棚の上にそのまま立てればよいでしょう。(鴨居や貫があればその上に置かれればなおよいでしょう。)棚といっても、自作の簡単なもの(例えば厚紙を曲げて補強したものを画鋲で留めたもの)でかまいません。倒れないように周囲をピンなどで挟むように押さえるとよいでしょう。また、安価で壁に掛けられるタイプの小さな神棚も販売されているので、ホームセンターなどで探されるのもよいかもしれません。

 大切なのは戴いた御神札を日常的に意識できる場所にお祀りしておくことです。神様を常に意識することで、その恵みをより多く受けることができるのです。

Q14.中古の家を買いました。そこには、その家の人が使っていた神棚やお神札がありましたが、古いお神札やおまもりは神社へもって行き、処分してもらいました。その後、掃除してそのまま使っていますが、これでよいのでしょうか。また、子供が産まれ、命名の紙を貼りたいのですが、かまわないのでしょうか?お祓いしたほうがよいのであれば、お願いしたいのですが。
A14.古いお神札を神社へお返しされ、神棚も綺麗に掃除されたのであれば、少なくとも神棚に関して問題はありません。おそらく新しくお神札も受けられていらっしゃると思いますので、お子さんのお名前を貼られても全く問題はありません。

Q15.この度私どもの会社にて、神棚を一つにすることとなりました。それに伴い、近々神主様をお呼びして、神事を行う予定です。このような場合、どのようにしてお金を包めばよいのでしょうか。また、包みの表には、初穂料・玉串料・御榊料・御祈祷料・神饌料など、どれを書けばよいのでしょうか。
A15.この場合は「神饌料」または「(御)初穂料」がよろしいでしょう。一人の参拝者として祭祀に出席され玉串拝礼をされる場合は「(御)玉串料」でも結構です。およそこの三通りを憶えておかれれば問題ありません。
 ただ、地方によりしきたりもありますので、その場合は鎮守神社の神職にお尋ねください。鎮守神社がわからない場合は、当サイトの氏神神社検索でご確認ください。
 一応、ご質問の各名称に込められた意味と、その使い分けの目安を示しておきます。それぞれの場面に合わせて相応しい表書きの言葉を選ぶことは、神霊への敬意の表れですので尊いことです。お気持ちに相応しい言葉選びのご参考になれば幸いです。

   初穂料 ・ 玉串料 ・ 祈祷料 ・ 御榊料 ・ 神饌料

Q16.現在、団地の一戸建てに住んでおりますが、水神様の神棚についてお尋ねします。以前住んでいた古い住居から、氏神様と水神様も一緒に引っ越してきました。当時は台所に分けてお祀りしていたのですが、家の改装をした際に適当な場所がなく、現在は氏神様は台所に、水神様は屋敷北東部の物置でお祀りしています。これでよいのでしょうか。現在の家には井戸もありませんし、お返し(処分)したほうがよいのかと悩んでおります。(以前住んでいた家にも井戸などはありませんでした。いつからあったものかは不明です。)
A16.水神様に限らず、神様(のお神札)をお祀りする場所は「人の気が通うところ」でなければなりません。そして清浄で明るいところであることです。水神様であれば(できれば)水を使う場所の近くがよろしいでしょう。向きは南あるいは東向きです。以上のことから「物置」はお勧めできません。

 井戸もないとのことですが、生活をされる以上、必ず水をお使いになることと思います。ですから水神様をお祀りすることに消極的になられる必要はありません。また、水は田畑の作物にも必要ですし、長雨の場合は洪水の恐れもあります。これらはすべて水の神様がご支配されるものです。

 かなり昔からお祀りされていらっしゃるようですので、できることであれば今後もお祀りされていかれることをお勧めいたします。諸事情でお祀りすることが困難な場合のみ、最寄りの神社の神職にご相談なさってみてください。

 また、水神様と氏神様を同じ神棚にお祀りされてもよろしいでしょう。現在は氏神様が台所にいらっしゃるとのことですので、三社造りの神棚であれば水神様を向かって左側の扉の中に、一社造りであれば、氏神様の御神札の後ろに重ねてお納めください。個別にお社をご用意されても結構です。

 基本的に長い間お祀りされてこられた神様は、できる限り継続的にお祀りを続けていかれることが望ましいのです。長くお祀りすることで神様の御霊は大きくなりますから、それを止めてしまうことはとてももったいないことなのです。

Q17.新築した家に新しく神棚を設けることにしました。神棚が11月1日に届くのですが、このとき受けたお神札は、やはりお正月に新しいものに入れ替える必要があるのでしょうか。
A17.もちろん入れ替えていただくに越したことはないのですが、この時期ですと翌年用のお神札がすでに各神社に配布されているので、それを受けられるのであればそのまま翌年末まで入れ替えなくてもよいでしょう。

Q18.今、台所に荒神様とお伊勢様と氏神様をお祀りしています。荒神様はそのままで、天照大神様と氏神様のお社のみを移したいと思っています。このとき、場所の移動はいつでもよろしいのでしょうか?それとも適した日があるのでしょうか。
A18.特に気にされる必要はありません。『それでもやっぱり気になる』ということであれば、市販の暦をご参照の上、「不成就日」を避けられるとよいでしょう。

Q19.神棚の隣にエアコンがあります。神様は静かな場所をお好みになられると聞いたことがありますが、あまり気にしなくてよろしいですか?
(※エアコン以外に、「換気扇」「スピーカー」というケースも同様。)
A19.このこと自体は間違いではありません。ただ「静かな場所」とは、機械などの近くで騒音が激しいとか、大音声で音を鳴らす部屋とかでなければ良いという程度とお考えください。子供らが騒いだり、テレビがあるという程度であれば全く問題ありません。

Q20.神棚設置候補場所に柱があります。神棚をこの柱の前に設置しても問題ないでしょうか。また、壁の裏がトイレでも大丈夫でしょうか。我が家の場合は、裏が廊下を挟んでトイレなのですが、こちらはどうでしょうか。
A20.廊下を挟んでいるのであれば全く問題なしです。また、後に柱がくるように設置されるのは大変良いことです。その場所が安定していることを明示しているからです。

Q21.自宅が集合住宅の一階のため、神棚の上に「雲」という字を貼ろうと思っています。このとき「雲」という字は、どの向きで、どの辺りに貼ればよいのでしょうか。
A21.「雲」という字は神棚の真上の天井と空(天)とを直接結ぶおまじないの一種です。神様が鎮座されている場所(お神札の場所)から見上げて「雲」と読めるよう、つまり逆さ字にならないように貼られると良いでしょう。ですから、「雲」という字の上が神棚側(壁側)に来るように貼ります。場所はお神札の前上ではなく、扉より外側の上が良いでしょう。

Q22.神棚の位置はリビング沿いが一番よいのでしょうか。すごく悩んでいます。
A22.神棚の位置は居間の間取りや家相によって判断することが必要ですので、一概にリビング沿いが良いとはお答えできかねます。現場を見て判断することが一番確実であろうかと思います。
 大まかな目安として下記にお示しいたしますが、詳細はお住まいを守っておられる鎮守の氏神神社の神職にご相談ください。鎮守神社がわからない場合は、当サイトの氏神神社検索でご確認ください。

神棚を設ける場所
明るく清浄な場所(方角は南向き、もしくは東向き)
大人が見上げるくらいの高さの場所
家族がいつも集まれる場所
避ける場所
神棚を設置する壁の裏側が台所や便所がある場所
神棚の上が二階の便所や水場がある場所
廊下や部屋の出入り口で神棚の下を頻繁に人が通る場所
神職の指導を仰いだ方が良い事項
仏壇との部屋の兼ね合い
神棚の上が二階の部屋や廊下にかかってしまう場合
(避けられない場合は「雲」もしくは「天」と墨書した紙を貼る)

サイトマップ富山県神社庁についてホーム
Copyright(C) 2008 Toyamaken-jinjya-cho. All rights reserved.