人生儀礼とは
初宮詣
はつみやもうで
七五三詣
しちごさんもうで
結婚式
けっこんしき
安産祈願
あんざんきがん
厄祓
やくはらい
賀寿
がじゅ
Q&A
厄祓
やくはらい
 厄年の年齢は、人の一生の中でも、体力的、精神的、あるいは社会的にそれぞれ転機を迎えるときでもあり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。
 その年に当たっては、神様のご加護により災厄から身を護る為、神社に参拝をして、災厄を祓う厄祓いが行われます。厄年の年齢は「数え年」で数え、地域によって多少異なるところもありますが、男性が25・42・61歳、女性が19・33・37歳などをいい、この年齢の前後を前厄・後厄と称します。また氏神神社の祭礼にあわせて厄年の人々が神事を奉仕し厄祓をする例も各地にあります。
 本来、厄年は長寿を祝う還暦(61歳)や古希(70歳)などの賀寿と同じく、晴れの年齢と考えられていました。厄年を迎えることは、地域社会において一定の地位となることを意味し神輿担ぎなど、神事に多く関わるようになります。このため心身を清浄に保ち、言動を慎む物忌みに服する必要があったわけです。厄年の「厄」は、神様にお仕えする神役の「役」であるといわれるのも、こうした理由によるものです。
厄年表
前厄
厄年
後厄
前厄
厄年
後厄
24
25
26
18
19
20
41
42
43
32
33
34
60
61
62
36
37
38
サイトマップ富山県神社庁についてホーム
Copyright(C) 2008 Toyamaken-jinjya-cho. All rights reserved.