富山県神社庁について

富山県神社庁のあゆみ

沿革
 終戦の昭和20年12月15日、神道指令によって国家と神社は分離され、全国の神社を統括した神社本庁が、昭和21年2月3日に宗教法人として東京都渋谷区に設立されました。
 当時、富山市は戦災地のため、高岡市の有磯正八幡宮社務所に富山県神社庁を開設、続いて同市の桜馬場通り、更に24年秋には同関野神社境内に移し、28年まで仮事務所のまま庁務を続けてきたが28年に富山市諏訪川原の諏訪神社境内に隣接の土地166坪を購入し、県下各神社よりの浄財により30年5月庁舎を建設。平成2年に老朽化した庁舎の改築を「御大典記念事業」として決定。平成3年秋に新庁舎が竣功し、宗教法人化については平成4年設立登記しました。
サイトマップ富山県神社庁についてホーム
Copyright(C) 2008 Toyamaken-jinjya-cho. All rights reserved.